SEとして働く際に求められるスキル

男性が多いイメージのあるSEですが、近年は女性SEも増えています。専門職であり事務職よりも給料がいいため、SEに転職したいと考えている人もいるでしょう。そこで、女性SEに求められるスキルを2つ説明します。

1つ目のスキルは、論理的思考力です。システムは人が記述したプログラム通りに動くため、SEがシステム処理の流れを論理的に組み立てて、設計しなくてはいけません。また、システムトラブルの際には、正常終了した処理と異常終了した処理を一つひとつ切り分け、原因解明する必要があります。一般的に、男性に比べて女性は論理的に考えることが苦手といわれますが、トレーニングによって論理的思考力を鍛えることが可能です。

2つ目のスキルは、コミュニケーション能力です。SEに対するイメージとして、パソコンの前に座ってずっと1人で仕事をしている印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、SEはシステム開発を依頼した顧客との打ち合わせや、プロジェクトメンバーとの進捗会議などを行うため、人と話す機会がとても多いです。

顧客へシステムの機能をわかりやすく伝えたり、プロジェクトメンバーの状況を正確に把握したりするためには、コミュニケーション能力が欠かせません。一般的に、男性よりも女性のほうがコミュニケーション能力に長けているといわれています。女性ならではの細やかな気配りは、SEとして仕事をするうえで大いに役立つでしょう。