キャリアアップを図って転職するには

女性がキャリアアップを図ることは、最近は珍しくありません。たとえば、プログラマーからSEへキャリアアップするのは定番です。女性も男性と同様に、職務やキャリアのレベルアップを狙って、一般的に下流工程を担うプログラマーから、上流工程を担うSEを目指す姿がしばしば見られます。

プログラマーからSEへキャリアアップした際に得られる恩恵は、主に待遇面の改善です。とりわけ、給与がアップすることはよくあることでしょう。しかし、キャリアアップを目指して転職した場合には、職権が拡大して責任が大きくなったり、仕事量が増えて残業時間が増えてしまったりするケースもあります。

では、女性がプログラマーからSEへキャリアアップを果たした際、どうすればスムーズに職場や職務の変化についていけるのでしょうか。あらゆる場所で男女平等が進んでいますが、システム開発などの現場はやはり男性が多いです。まずは、周りの仲間とコミュニケーションを円滑に測り、性差を感じさせないようにするのがいいでしょう。

たとえば、プロジェクトの山場でとても忙しいとき、女性だからと1人だけ定時に帰宅するわけにはいきません。厳しい状況でも、男性と同じ仕事仲間という意識を持って、同じように仕事に立ち向かう必要があります。女性が転職に成功したら、まずは現場の仕事や人間関係に慣れることを考えましょう。そうすれば、新たな仕事でもこれまでのように成果を上げたり、上司に認められたりすることでしょう。